南西フォーラム開催情報 / 開催報告

南西フォーラム「AIミニセミナー」

 AI(人工知能)導入に向けた動きが盛んになる中、AIを活用したシステムに関しては、利用者側だけでなく、開発者側からも「模索や試行錯誤を積み重ねている段階」といった声が聞かれます。
 そこで、今回の南西フォーラム『AIミニセミナー』では、東京高専の大前先生を講師に迎え、AIシステムを開発・構築していくポイントについて、音や熱、振動など現場でも身近なデータである時系列信号を対象としたプログラミングの事例を解説していただきます。

講師:大前 佑斗 氏
東京工業高等専門学校 電気工学科 助教/博士(工学)
国立大学法人長岡技術科学大学博士後期課程終了後、国立スポーツ科学センター研究員を経て、2017年より現職。専門は機械学習、データマイニング。理論的研究として、特徴量空間評価および深層学習の最適化アルゴリズムに関する研究に従事するとともに、応用事例として人工知能を活用したトップアスリート支援、アクティブラーニング支援に関する研究を行う。博士(工学)。

開催情報
・第1回 「AIを活用した機械の故障検出システムの作り方」